法人カードを申し込む

法人カードとは一体?

法人カードの概要について

クレジットカードの中には、個人がプライベートで使用することを前提として発行されているものの他に、法人カードというものがあります。その法人カードの概要について知っておきましょう。法人カードは、文字通り会社が経費の支払いをする際に使うものというイメージを抱いている人が多いかと思います。会社の経営者の中には、法人カードの導入を検討している人もいるでしょう。法人カードをお探しならこちら。

法人カードというのは、大きく2種類に分かれます。コーポレートカードとビジネスカードです。そのうちコーポレートカードは、多くの人が抱くイメージ通り、会社の経費の支払いの際に使うものです。社員や役員に対して発行し、会社の口座から決済額が支払われる仕組みです。年会費なども会社が負担します。このコーポレートカードを使って経費の支払いをすることで、経理処理を楽に済ませることができるのです。業務専用として使用することを前提として発行されているため、プライベートの用途に使ってはいけないことになっています。

これに対して、ビジネスカードは同じように社員や役員に対して発行されますが、プライベート用に使うものです。そのため、ビジネスカードを使って決済した分は、それぞれの社員や役員個人が支払うことになります。会社がビジネスカードを発行する主な目的は、福利厚生で、年会費は会社で負担してくれるケースが多いです。

中小企業向けに発行される法人カードの場合には、代表者の個人のカードに紐付けして使用する場合があります。そして、法人カードという名称から、法人格のある会社のみが利用できるような印象を受けますが、個人事業主でも法人カードを利用することが可能です。また、コーポレートカードやビジネスカードといった名称は、カード会社によって異なる場合もあります。