• ホーム
  • EDを治療する時に頼りになるレビトラの正しい使用方法とは?

EDを治療する時に頼りになるレビトラの正しい使用方法とは?

2020年07月02日
笑顔の男女

レビトラは、バイアグラと比較してED患者に対して利用しやすい医薬品であることに違いありません。他の栄養分からの影響を受けづらい傾向がありますので、食事などに関してもそれほど使用方法を気にせずに利用できるからです。やってはいけないことだけ理解しておけば、後は初めて利用する人であっても比較的容易に使い続けることができます。

まず、前提としてレビトラは1時間前に服用することが基本です。空腹状態で服用するのならば、約20分程度で効果を発揮できますので、すぐにでも使える医薬品です。10mg錠と20mg錠が処方されていることが普通なので、どちらを利用するかで持続時間に違いがあります。より長く使いたいと考えているときは、20mg錠を使うことが賢明です。

ただ、食事の後にこの医薬品を服用するときには注意をしなくてはならない点が3つあります。まず、食事の影響を受けづらいといっても、必要以上にカロリーを摂取してしまうとレビトラの効果が薄くなってしまうことです。そのため、摂取カロリー数を守って服用しなくてはいけません。

具体的なカロリー数としては、700キロカロリーを超えないように気をつけることが大切です。特に、脂質の多い食事はレビトラの効果を弱らせる働きがあることがわかっています。食事の影響を受けづらいのは事実ですが、空腹時の方がレビトラの効果を最大限に発揮できるのも事実なので、この点を誤解しないようにしておく必要があります。

また、食事の際にアルコールを摂取したときには、レビトラを服用しないように気を付けなければいけません。レビトラには、血管を拡張させる作用が存在します。アルコールを摂取するとこの血管を拡張させる作用と相まって、アルコールの吸収が早くなってしまう可能性が存在します。アルコールがあまり強くない人が一緒に摂取すると、失神をしてしまう可能性もありますので、注意をしなくてはいけません。

そして、忘れてはならないのがグレープフルーツとの併用です。グレープフルーツと一緒に摂取すると、レビトラの作用が悪くなるだけではなく、最悪の場合予測ができない副作用が生じる可能性も存在します。ですから、レビトラを服用しようと考えている日は絶対にグレープフルーツを食べないように気をつける必要があります。

すでに服用している別の医薬品等がある場合には、医師に相談をしてアドバイスをもらうことも大切です。これらの注意点を守っておけば、使用方法については難しい点はありません。