• ホーム
  • EDを治療したい時に役立つレビトラは通販で購入する事はできるのか?

EDを治療したい時に役立つレビトラは通販で購入する事はできるのか?

2020年07月11日
薬を持っている様子

レビトラは、病院で処方してもらうのが普通ですが、病院で診断を受ける場合には大きなお金を準備しなければいけません。これは、レビトラに対して保険適用が存在しないからです。

一般的に、何らかの病気を発症して病院で治療を行うときには、保険を適用することができます。しかし、レビトラは国が定める保険適用に該当しないと考えられていますので、自由診療で診断を受けなくてはいけません。自由診療の場合は、医療費の負担が全額自己負担になりますので、かなり大きな費用が必要になります。

レビトラの場合は、1錠あたりで1000円以上することも珍しくなく、継続的に服用したいと考えている場合にはとても大きな負担となってしまう可能性が高くなります。そこで、個人輸入の通販でレビトラを入手する方法がとても役に立ちます。

個人輸入は、海外からジェネリック医薬品などを購入することを目的として利用するサービスです。ジェネリック医薬品は、先発医薬品と比較して後発的に開発された医薬品であるため、先発医薬品の治療効果を確認できるのならば、その後発医薬品にも同じ効果を期待できます。ED治療薬にも、このようなジェネリック医薬品が存在しますので、リーズナブルな価格で医薬品を購入できます。

本来は、日本国内で販売されていない医薬品を海外から独断で仕入れることは法律に違反します。しかし、個人で海外の医薬品を購入するときには、これに該当しないケースも存在します。元々、病気を発症している人の中には日本国内で入手できる医薬品では、その症状を治療することが難しい人もいます。こうしたときに、海外から医薬品を購入できないとその人の健康状態を損なうことにもなりかねません。

こういった事態を想定して、法律では個人であるのならば、病気を治療する手段として個人輸入を行うことを禁止していない現状です。もちろん、個人輸入で手に入れた医薬品をビジネス目的で転売したり、他の人に渡すと犯罪になりますので、この点は必ず注意をしなくてはいけません。最低限のルールを守ってED治療を行う目的で購入するのならば、海外の医薬品を購入することは認められているということです。

何よりも、海外のジェネリック医薬品は日本国内の病院で入手できる医薬品と比較して、とても安い傾向が存在します。レビトラの場合は、日本国内の病院で手に入れるよりも半分以下の価格で購入できることも珍しくありませんので、予算の都合上でもとても購入しやすいです。