• ホーム
  • レビトラを服用した後の気になる持続時間はどのぐらいあるのか?

レビトラを服用した後の気になる持続時間はどのぐらいあるのか?

2020年07月05日
料理をしている夫婦

レビトラの持続時間は、利用する容量によってかなり違う傾向があります。例えば、10mg錠を服用する場合には最短でも5時間程度の効果を持続させられます。また、20mg錠の場合は8時間程度は持ちます。どちらを服用しても、1晩は持つように考えて作られていますので、その点は安心して利用できます。

ただ、これは一般的な見解であって、全ての患者にこういった持続時間が存在するわけではありません。仮に、食事を摂取した場合には人によってはこの持続時間が短くなってしまうこともあります。食事の影響が出づらい医薬品であるメリットはありますが、血中に吸収して効果を発揮する以上は他の栄養分との兼ね合いを避けることはできません。そのため、効果の持続時間というのはあくまでも空腹のときの基準であるということを理解しておく必要があります。

そもそも、この医薬品の効果の現れ方は血中に吸収される有効成分の早さで決まります。例えば、血中に有効成分が吸収されやすい体質をしている人は、それだけ効果がでやすいので持続時間に関しても他の人と比べて長くなる傾向が存在します。

一般的には、レビトラは1時間前に服用するのがベストと考えられていますが、吸収が早い人では15分程度で効果が現れることも確認されています。ですから、レビトラを服用する患者は自分がどういった体質であるのかということを確認しながら服用することが大切です。

実際に、年齢によってもレビトラの持続時間はかなり異なります。そもそも、高齢患者の人がレビトラを服用すると、半減期が延長するという傾向が確認されています。医学的に、半減期は医薬品の効果の持続時間と関連しています。半減期が延長されるということは、それだけ医薬品の効果が高くなることを意味しますので、高齢者の場合は若い年代の人たちと比較してレビトラの持続時間が高くなる傾向があります。

加えて、若い世代と同じ容量を摂取したときには、高齢者の人にはそれだけで体への負担も大きくなります。特に、レビトラのようなED治療薬は副作用の生じる確率も他の医薬品と比較して高い特徴があります。

医学的にも、このような点に注意をして患者には医薬品が処方されます。高齢者の場合は、病院でもレビトラを処方するときに最高でも10mg錠までしか使えないようにしています。適切な容量としては5mg錠となっていますので、必要以上に多くのレビトラを使わないように気をつけなくてはいけません。