顔を抱えている男性

レビトラは、EDに悩んでいる人に対して処方される治療薬です。勃起を補助するための役割を持っているため、男性機能にトラブルがある人であっても、この医薬品を使うことによって症状を改善できるメリットが存在します。利用できる対象が非常に広く、医薬品の併用を考慮すれば疾患を抱えている人であっても利用できます。例えば、別の病気でEDになった人でも、レビトラを服用することで症状を改善できる余地は十分に存在します。

レビトラの有効成分は、バルデナフィルと呼ばれているものです。レビトラは、ED治療薬の中でも最も即効性がある医薬品として知られています。これは、有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすいという性質が存在するからです。

水に溶けやすいという性質はそれまでのED治療薬には存在せず、バルデナフィル独特の特徴であり、しかも血中濃度の変化を起こしやすいという性質もあります。その結果、血中に有効成分が溶けやすく、血中濃度が最高になるまでの時間も短いというメリットが生まれています。最短で約42分程度で血中濃度が最高になると考えられていますので、他のED治療薬と比較しても非常に早い効果を発揮します。

一般的に、勃起のメカニズムは陰茎に存在する血液の状況によって説明できます。勃起は、男性が性的な刺激や興奮を受けることで、局部の血管を拡張させる働きがある物質が増えることによって発生します。逆に、こういった勃起を抑えるために、陰茎海綿体には特殊な酵素が働いています。この酵素は、PDE5と呼ばれています。

EDになっている人は、この酵素の働きが強くなっている傾向があります。そのため、レビトラのようなED治療薬はこの酵素の働きを抑制することによって勃起補助の効果を得られるようになります。

そして、こういった即効性のある医薬品が生まれた背景には、それまでに処方されていたバイアグラという医薬品にいくつかの問題点が存在していたという事情があります。バイアグラは、世界で初めて提供されたED治療薬ですが、この医薬品には患者に対して負担を与える可能性が高いという難点が存在していました。この代表的なものが、バイアグラの使用時には食事を摂取することができないという点です。

バイアグラの有効成分は、食事との相性がとても悪く、食事を摂取した後に服用するとその効果が半減してしまうという難点がありました。ですから、バイアグラを利用して勃起補助の効果を得るためには、空腹であることが求められています。当然ですが、空腹の体に効果の高い医薬品を利用すると、体への負担も大きくなってしまいます。その結果、高い確率で副作用が現れるというデメリットが生まれました。

こういった、バイアグラに存在していた問題点を改善したのがレビトラの大きな魅力です。レビトラは、即効性に優れているという魅力があるにも関わらず、他の栄養分から受ける影響が少ないという大きな利点が存在します。そのため、食事による影響も少なく一定のカロリー数の範囲内であるならば、食事を摂取した後でもレビトラを服用することができます。

また、レビトラの大きな魅力は即効性があるだけではなく、持続的な効果も期待できるという点です。例えば、10mgのレビトラを服用すると1回服用するだけで4時間から5時間程度の効果を持続させられます。20mgを服用すると8時間から10時間ほどの効果を期待できますので、一度服用すればそれだけで勃起補助の効果を得られるという大きな魅力が存在します。

一回服用した後は、24時間の間隔をあけなくてはいきません。しかし、使い方を間違えなければ継続的に服用していくこともできるものなので、EDを患っている人にとってはとても使いやすい治療薬です。購入を検討している方は、レビトラの体験談をチェックしてみましょう。