法人カードを申し込む

法人カードを申し込むには

法人カードを申し込んでみよう

法人カードを申し込みたい場合には、インターネットから申し込めるようになっているカード会社が多いです。カード会社の公式サイトに、申込用のフォームが設けられていて、必要事項を入力すると、入会申込書が郵送されて来ます。入会申込書には、申込の際に入力した事項が既に印刷されています。残りの箇所を記載して捺印して返送すると申込手続き完了です。

この際に同封して送らなければならないものがいくつかあります。まず、本人確認書類が必要です。通常のクレジットカードの場合にも、本人確認書類は必要ですが、法人カードの場合は、法人と代表者の両方の本人確認書類が必要になります。法人の本人確認書類は、登記簿謄本を使用することが多いです。登記簿謄本を取得するのには必要な手数料は600円で、法務局に足を運ばなくてもオンラインで取り寄せることが可能になっています。

また登記簿謄本によく似ているもので、登記簿抄本というものがあります。登記簿抄本の方を提出した場合には、書類不備ということで手続きがスムーズに行かなくなってしまうこともあるため注意が必要です。また、カード会社によっては、登記簿抄本でも対応してくれることがありますが、登記簿謄本の方を提出した方が無難でしょう。他に印鑑証明書も法人の本人確認書類として使うことができます。

代表者の本人確認書類は、通常のクレジットカードの場合と同様に運転免許証やパスポートなどを使用します。そして、利用額の引き落としをするための、銀行口座も必要ですが、法人名義のカードを申し込む場合には、口座も法人名義の銀行口座を指定しましょう。申し込み書類を揃えて郵送してから、約3週間くらい経過すると簡易書留でカードが送られて来ます。一般的にはこのような流れになりますが、カード会社によっては若干異なる場合もあります。