法人カードを申し込む

法人カードには様々なメリットが

法人カードを持つことのメリット

会社のオフィスなどで使用する消耗品を、社員に買って来てもらうことがよくあるでしょう。その際には、とりあえず代金を立て替えてもらうことになります。また、取引先と打ち合わせや接待をする際にも、社員や役員の人に費用をとりあえず立て替えてもらうことが多いでしょう。その際には、立て替えたお金を、後日領収書と交換することになります。そのため、経理処理がやや面倒です。これに対して、法人カードがあれば、カードで代金を決済するため、社員や役員に立て替え払いをしてもらうことはありません。経理処理も楽になります。請求書や領収書を整理するなどの、事務処理にかかる手間が少なくて済み合理化が図れるのです。

カードの利用明細が残ることも法人カードを使うメリットの1つです。社員や役員に立て替え払いで、経費を払ってもらうと、私的な出費との区別が曖昧になってしまうこともあるでしょう。法人カードなら明細によって経費の見える化が実現できます。出張の際には、交通費や宿泊費などかかる費用の種類が多いため、経費の見える化をするメリットはかなり大きいです。そのため、会社の経費と私的な出費を明確に区別することが可能になるのです。

仕入れやオフィス用品の購入の際にも、法人カードで決済すれば、振込手数料も節約可能です。振込先が多い場合には、トータルの節約額はだいぶ大きくなるでしょう。さらに、カードの年会を経費として計上することが出来ることも、法人カードメリットだと言えます。法人カードでも個人用のカードと同様にポイントが付くようになっていて、会社の電気代や水道代などを、法人カードで支払うことで、お得にポイントを貯められるのです。貯まったポイントは、会社で使う道具に交換したり、社員の福利厚生に役立てたりすることができます。