法人カードを申し込む

法人カードは審査基準が厳しい

法人カードの審査に通るには

法人カードも、通常のクレジットカードと同様に、審査に通過した場合でないと発行されません。業務に使うということや、複数の社員や役員が持つということなどから、通常のクレジットカードよりも審査が厳しいと言われています。設立したばかりの会社で法人カードを申し込んでも、審査に落ちてしまうことが多いです。

一般的に設立後3年以上経過していないと、法人カードの審査に通ることは難しいとされています。しかし、ほとんどのカード会社では、設立後3年未満だということだけで、法人カードの発行を見送っているわけではありません。設立後3年を経過していなくても、審査に通る可能性はあります。ただ、設立されてからの年数が長い方が有利だというのは事実です。そのため、3年という期間は大きな目安になるでしょう。

これに加えて、財務状況も重要です。財務状況が芳しくないと、倒産のリスクが高いためです。一般的には、2期連続で黒字決算であることが必要だと言われています。設立後3年以上という条件と両方満たしていることが望ましいでしょう。また、代表者の信用情報も加味されます。代表者が過去に金融事故を起こしていると、設立後3年以上経過していて、2期以上連続で黒字決算でも審査落ちしてしまう場合があります。

そして、法人カードは法人格のない個人事業主に対しても発行してもらえます。審査の基準は法人とほぼ同じです。固定電話を持っているかどうかが、かなり重要視されるため、持ってない個人事業主は、法人カードを申し込む前に固定電話を導入しておきましょう。また、個人事業主が法人化した後に法人カードを申し込んだ場合には、法人化前の事業実績についても考慮してもらえます。個人事業主時代に黒字が長く続いていて、法人化した場合なら、法人成りをした後すぐに申し込んでも審査に通るケースが多いです。